日本ウルグアイ友好親善協会、ニュースレターNo. 13

amigo2-1.GIF (22026 バイト)

2001年07月

国際文化交流

堀本幸伸

雄物川町立南小学校よりの児童の皆さんから寄せられた作品を持ってサン・アドルフォ小学校へ行きました。

小学校の体育館に全校児童(約300名、幼稚園部も含む)が集合し、雄物川町立南小学校の皆さんからのメッセージを観覧しました。

学校の先生や校長先生たちは、今回の文化交流を非常に感激し、「絵は万国共通語だ、言葉が通じなくてもコミュニケーションができる!」と言い、「この感激の返事を送らなければならない」といきこんでいました。

準備が出来次第、こちらから送らせていただきます。

以下にそのときの様子を写真で載せます。

  

 

 

ささやかな寄付

続いて、サン・アドルフォ小学校の外壁のペンキが剥がれ、非常に汚くなっているので、日本ウルグアイ友好親善協会へ集められた会費と支援金により、20リットル入り外壁用ペンキ10本を寄付させていただきました。

以下に写真を載せてあります。ご覧ください。

 

外壁の現状

校長先生と共に

代表して四年生と五年生のみんなにペンキを受け取ってもらいました。

元気にペンキを運ぶ児童たち

後日、ペンキ塗装後の様子もレポートします。お楽しみにしてください。