日本ウルグアイ友好親善協会・ウルグアイ事務局提供


gate2.tif (208229 バイト)       18julio1s.JPG (16123 バイト)

1) モンテビデオ市内観光 


ウルグァイの首都モンテビデオは、ウルグァイの人口320万人の約半分、140万人が住んでいる。モンテビデオの名称の由来は二つあり、1520年世界一周航路のマゼランが、モンテビデオの港の入り口にある丘を見て、“われ丘を見たり” とポルトガル語で( Monte Vide Eu )と言った事に由来するという説と、同じく、マゼランが河口(東から西へ)から数えて第六個目の山と表記したのも(Monte VI de E a O)を一語として発音されて命名されたとも言われています。

モンテビデオは、ラ プラタ川と言う、海のように広い川に面している。対岸はアルゼンチンで、モンテビデオからブエノスアイレスまで高速フェリーが往復しているが、200kmの距離を2時間で走っている。ラ プラタ川の河口は、プンタ デル エステと言う最も東にある岬の突端にある港で、アルゼンチンの対岸までの川幅は、225kmある。大西洋の満潮時には、海の水がモンテビデオの辺りまで入って来るので、上の水は真水で西から東へ流れ、下の水は海水で東から西へ流れると言う非常に珍しい現象が起こる。川の水の流れが激しい時は、茶色に濁っているが、弱くなると、真っ青に澄んだ色になる。 川岸には白い砂浜がずーっと続いている。その砂浜に沿って、20階建のコンドミニァムがずーっと並んでいる。川岸の道路を走っていると、リゾート地に来たような雰囲気がある。

 

hotelvp.jpg (22072 バイト) 1. プラザ インディペンデンシア( 独立広場 )

モンテビデオ市の最も重要な歴史的記念広場の一つである。1825年8月25日独立宣言、1830年7月18日共和国憲法制定、その後1836年に都市計画が行なわれた。その時この広場を中心として、東に向かって都市計画の区画整理が行われた。それで、西側は植民地時代に造られた旧市街であるので、東側を新市街と呼ぶようになった。旧市街には、植民地時代の古い建物が建ち並んでいる。 今でも港街として、税関、銀行、商社、船会社、保険会社など、多くの会社のオフィスがある。ここが、港を中心とする経済の中心地となっている。新市街は、憲法制定を記念して名付けられた“7月18日大通り”を中心にして、その北側と南側に市街地が発展して行った。独立広場から始まる7月18日大通りは、7万人を収容できる大きなサッカー競技場のある、バージェ イ オルドニェス公園(セントラルパーク)まで、約5km続いている。この大通りの両側は、商店街、ビジネス街、の繁華街になっている。この繁華街には、銀行、旅行社、飛行機会社、商店、ホテル、レストラン、コーヒーショップなどがある。古いランドマーク(記念建築物)になっている建物も多く、通りを歩いて、古い華麗な建物を見て歩くのもおもしろい。又、古くからの商店が多く、比較的安い品物が多い。しかしショッピングの中心はショッピング モールに移っている。1990年代に入ってから、モンテビデオ市に4つの大きなショッピング モールが出来た。

artigas.JPG (17890 バイト) @ ホゼ アルティガス 将軍記念碑銅像
ホゼ アルティガス 将軍(1764―1850)は、1811年ウルグァイ独立のため、スペイン軍に対して、独立戦争を戦った英雄であり、建国の父としてあがめられている。
1825年アルティガス将軍の配下であったラバジェハ将軍が33人のウルグアイ独立の勇士と共にウルグアイに再上陸し、アルゼンチンの援助を得て、ブラジル軍と戦い、モンテビデオを奪回し、1825年8月25日、独立を宣言した。1827年には、ブラジル軍に勝利し、1828年 ブラジル、アルゼンチン両国は、ウルグァイの独立を承認した。1830年7月18日、ウルグァイ共和国憲法が制定されウルグァイ東方共和国として独立国家の発足がなされた。
将軍記念碑の騎馬像は、1923年に建てられたもので、17mの高さで、30トンの重量があり、イタリアの彫刻家 アンジェル ザネリの作である。1977年に記念碑の地下に霊廟が造られた。
18julio2s.JPG (15692 バイト) A サルボ パレス
1928年 建設                     
salbo.JPG (16284 バイト)
geihin1s.JPG (18521 バイト) B エステベス パレス
1880年 建設 旧大統領官邸、現在は、迎賓館として使われている。
gate1s.JPG (13543 バイト)  

C フォートレス ゲイト 


1741年に建設された植民地時代の砦の門の一部。独立広場は1726年の都市計画の時、スペインの植民地軍の砦が建設された場所であり、その砦の門が今でも残っている。
gates.jpg (17652 バイト)

solis1s.JPG (17145 バイト)

solice1.JPG (21032 バイト)

D ソリス劇場
1841年に建設が始まり、1856年8月25日 独立記念日に最初の上演が行われた。オペラ、オーケストラ、演劇、などが上演されてきたが、今でも、コンサート、演劇、オペラ、などが行われている。
名前の由来は、スペイン人探検家ファン ディアス デ ソリスが1516年ラ プラタ川を発見し、ヨーロッパ人としては初めてウルグァイに上陸し、ウルグアイをヨーロッパに紹介した歴史的な事柄を記念して、ソリス劇場と言う名前が付けられた。
2. プラザ コンスティテューション (憲法 広場)
1726年にスペイン人によってモンテビデオの街の都市計画が行われた。その時この広場を中心に市街地がつくられた。この広場の周りの市街地は、今、旧市街と呼ばれている。旧市街はモンテビデオ湾の港に接していて、植民地時代は港町として繁栄した。
この広場は建設当初は “プラザ メイヤー”(市長の広場)と呼ばれた。それは、この広場に面してモンテビデオの政庁が建てられたからであった。
1830年7月18日憲法の発布がこの広場で行われた為、その時から、憲法広場と呼ばれるようになった。
@ モンテビデオ 植民地時代の政庁
1730年には最初の政庁で、市の評議会が開かれた。現在残っているこの建物は1804年に建てられてから市の政庁として使われてきた。その後1958年から、今にいたるまでこの建物は博物館として使われてきた。
A カトリック 教会
植民地時代に作られた、ウルグァイ最初のカトリック教会の建物で、広場を中にして政庁と向かい合せに建っている。
1.jpg (16261 バイト)inside-k.JPG (17546 バイト) 3. レジスレイティブ パレス ( 国会議事堂 ) 

南米で最も美しい建築物と言われ、ウルグァイの誇る最も重要な建物の一つである。最初のデザインは、1904年イタリヤの建築家ビクターメアノ(アルゼンチンの国会議事堂を建築した人物)によってなされた。その後1913年、イタリヤの建築家カエタノ モレッティによって建造された。1925年8月25日の独立100周年記念日から国会議事堂として使われている。
建物は中央部の高さが40メートル、床面積が8000平方メートル、ギリシャ風の華麗な建物で、外壁は下部がピンクの御影石、上部が白の大理石で覆われている。屋根には24体の石像があり、建物の外には、法、正義、科学、労働、を象徴する 4 体の銅像が立っている。建物内部は正面から見て、右側が上院(セナド)、左側が下院(ディプタドス)で、1 階中央部には“Magnificent Lost Steps”(あまり美しくて足を踏むことが出来ないほどの場所)と言われている、すばらしく華麗なホールがある。85種類の色とデザインが違う大理石を使って床、壁、柱、天井が飾られている。又、色の違う大理石を小さく砕いて、それを使って、モザイクで天井近くに絵を描いている。ホールの中央に独立宣言文がガラスの箱に収められて、展示されている。
下院の会議場に入ると、議長席の上、天井の近くに、アルティガス将軍の言葉“私の権威は皆さんがたによって与えられたものである”が掲げられている。これが、ウルグアイの民主主義の基本と言われている。毎日、各学校の小学生達が学校の先生に引率されて、国会議事堂見学に来ている。ウルグアイの人たちは、南米で一番民主主義の発達した国がウルグアイであると教えられて、それを誇りにしている。民主主義の中心の殿堂が国会議事堂であるので、ここがウルグアイの象徴となっている。
4. モンテビデオの丘
モンテビデオ港の入り口にあって、118mの高さの丘で、モンテビデオ市の名称の由来となった。頂上より見える、モンテビデオ市中心部と港の全景の眺めは素晴らしい。頂上にはスペイン植民地時代の要塞があり、今は博物館になっている。
market.JPG (124443 バイト) 5.  港市場

港町モンテビデオの旧市街地の端の方に、突是現れるのがこのメルカード・デル・プエルトです。モンテビデオのコンテナの発着場や、ブエノス・アイレス行きの高速フェリーの発着場の近くにある市場です。ここには、ウルグアイ名物の肉料理「アサド」を食べさせてくれるレストランがあり、市場の中や外では、大道芸人が芸を見せる一場面も楽しめます。

fabini.JPG (135716 バイト) 6.  プラザ・ファビニ

大通りの7月18日大通りに面し、遙か北の方角には国会議事堂を望む位置にあります。

毎年、クリスマス時期には電飾が施され、クリスマスの雰囲気を醸し出します。ここは南半球なので、真夏のクリスマスです。

stagium.JPG (152417 バイト)

stagium1.JPG (9176 バイト)

7.  中央競技場

第一回のワールドカップがここで行われました。

cagancha.JPG (173794 バイト) 8.  カガンチャ広場

写真中央に見える塔がウルグアイのゼロキロ地点でここから地方へ距離が測定される。

cagancha2s.JPG (10322 バイト) cagancha1s.JPG (17596 バイト)


 


[ウルグアイの観光]   [次へ]

 

このページに関するご意見・ご感想は日本ウルグアイ友好親善協会ウルグアイ事務局までメールしてください。